メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

密着けいざい

規制緩和の現場/1 兵庫・養父 農業再生、特区手応え 企業、耕作放棄地担う

「クボタeファームやぶ」のビニールハウスで収穫されるトマト=兵庫県養父市で2017年3月6日、久野洋撮影

 兵庫県の北部、養父市の山あいに建つビニールハウスに入ると、赤く色づいたミニトマトがたわわに実っていた。一粒口に入れるとサクランボのような甘さ。「水を極限まで控えているから糖度が高いんですよ」。農地所有適格法人(旧農業生産法人)「クボタeファームやぶ」の梶原理史農場長(35)が胸を張った。室温や二酸化炭素濃度をコンピューター制御し、特殊な膜で根を覆って養分や水を与えている。関東などに出荷し、通常のトマトの倍の値が付く。

 eファームやぶは農機大手クボタの子会社が25%出資し、2016年1月に設立された。農地を所有できる…

この記事は有料記事です。

残り1326文字(全文1587文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三越伊勢丹 再編を加速 札幌の1館閉鎖検討
  2. 米ユダヤ系団体 ナチス帽着用でBTS非難
  3. 福岡県警 イオン来店ポイント詐取容疑、男逮捕
  4. 大リーグ エンゼルス大谷がア・リーグ新人王
  5. 東京地裁 不審なはがきに注意呼びかけ 実在しない名で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです