メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

近影遠影

高橋一清・あの日あの人/96 稲垣達郎 師の心遣いと励まし /島根

 池島信平さんの采配により、改めて文藝春秋入社と決まった私だったが、実は、一旦不採用となって、止(や)むを得ず辞書をつくる出版社の入社試験を受け、内定を取り付けていた。母親が生命保険の外交をして学費を送ってくれていたが、病気勝ちでそれも限界。私は就職し、自活しなければならなかったのである。

 私は悩んだ末に内定の出版社に詫(わ)び、わがままを通したが、大学の教授会で問題となった。このとき私を救ってくださったのが、卒業論文の指導教授稲垣達郎さんだった。

 「高橋君は、辞書を作るより、文藝ジャーナリズムでの仕事が向いている。私たち教師は、才能を伸ばし、世…

この記事は有料記事です。

残り1055文字(全文1331文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「手術女性患者にわいせつ」医師に無罪判決 「女性に性的幻覚の可能性」 東京地裁
  2. アクセス 即位で10連休、非正規悲鳴 月7万円減収/人手不足で「働き詰め」 格差の放置浮き彫り
  3. 「非正規に励み」「画期的な判決」 ボーナス不支給違法判断、大阪高裁
  4. ORICON NEWS 田中圭がCMで肉体美を披露 人魚の姉妹たちもうっとり
  5. 墜落 空自戦闘機、山口沖に 乗員2人救助 築城基地所属

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです