メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

近影遠影

高橋一清・あの日あの人/96 稲垣達郎 師の心遣いと励まし /島根

 池島信平さんの采配により、改めて文藝春秋入社と決まった私だったが、実は、一旦不採用となって、止(や)むを得ず辞書をつくる出版社の入社試験を受け、内定を取り付けていた。母親が生命保険の外交をして学費を送ってくれていたが、病気勝ちでそれも限界。私は就職し、自活しなければならなかったのである。

 私は悩んだ末に内定の出版社に詫(わ)び、わがままを通したが、大学の教授会で問題となった。このとき私を救ってくださったのが、卒業論文の指導教授稲垣達郎さんだった。

 「高橋君は、辞書を作るより、文藝ジャーナリズムでの仕事が向いている。私たち教師は、才能を伸ばし、世…

この記事は有料記事です。

残り1055文字(全文1331文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初
  2. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  3. 上戸彩 娘とTikTokにハマり中 動画撮影にも挑戦
  4. フィギュアGP 羽生SP首位、世界最高得点で ロシア杯
  5. 質問なるほドリ 5Gどんな通信? 動画も超高速ダウンロード 自動運転支える=回答・森有正

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです