メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北朝鮮情勢・こう考える

共産党 笠井亮政策委員長(64)

笠井亮・共産党政策委員長

軍事的選択肢は拒め

 北朝鮮が進めている核・ミサイル開発は、国際平和と安全に深刻な影響を及ぼす行為だ。国連安保理決議、6カ国協議の共同声明、日朝平壌宣言に違反する暴挙で、断じて許されない。

 米トランプ政権は全ての選択肢がテーブルの上にあると公言し、北朝鮮への軍事力行使に踏み切る可能性を示唆している。軍事的な威嚇を強めているのは極めて危険な動きだ。

 北朝鮮側がさらなる挑発行為で応じれば、軍事対軍事のエスカレーションが起き、最悪の事態になりかねない…

この記事は有料記事です。

残り427文字(全文650文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ローマ・カトリック教会 前田大司教を枢機卿に任命
  2. 安倍首相 観閲式視察 中国、北朝鮮をけん制
  3. 松尾貴史のちょっと違和感 新潟女児殺害 2次被害に無神経なメディア
  4. NHK杯体操 男子個人総合 内村が10連覇
  5. 旧優生保護法 強制不妊、妻に言えず 提訴の男性「人生返して」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]