メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

縁の下の誇り

暴力、セクハラを撲滅=渡辺守成

 

 米メディアが昨年12月に報じた米国体操女子の性的暴行被害は世界の体操界を震撼(しんかん)させた。被害が少なくとも368選手にも広がっていたというのだ。

 盟友である米体操協会のスティーブ・ペニー会長の苦境は、同じく組織を支える者として想像できた。そのとき、私の頭によぎったのは2013年夏に表面化した日本の女子選手に対する指導者の暴力事件で、記者会見する私自身の姿だった。この年は柔道、体操と相次いで女子選手に対する暴力が発覚した。

 当時、国際体操連盟(FIG)の理事だった私は理事会で「指導における暴力」と題して報告を行った。FI…

この記事は有料記事です。

残り739文字(全文1006文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮内庁 仁徳天皇陵を発掘へ 今月下旬から堺市と共同で
  2. 新聞協会 74紙に全面広告 Koki,さんがメッセージ
  3. 今どきの歴史 世界遺産候補 百舌鳥・古市古墳群(大阪府) 悩ましき被葬者論争
  4. オセロ 世界一に11歳の福地さん 歴代最年少
  5. ステルス戦闘機 ハリケーン直撃で大量に大破か 米国

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです