メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

縁の下の誇り

暴力、セクハラを撲滅=渡辺守成

 

 米メディアが昨年12月に報じた米国体操女子の性的暴行被害は世界の体操界を震撼(しんかん)させた。被害が少なくとも368選手にも広がっていたというのだ。

 盟友である米体操協会のスティーブ・ペニー会長の苦境は、同じく組織を支える者として想像できた。そのとき、私の頭によぎったのは2013年夏に表面化した日本の女子選手に対する指導者の暴力事件で、記者会見する私自身の姿だった。この年は柔道、体操と相次いで女子選手に対する暴力が発覚した。

 当時、国際体操連盟(FIG)の理事だった私は理事会で「指導における暴力」と題して報告を行った。FI…

この記事は有料記事です。

残り739文字(全文1006文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  2. 佳子さまがICU卒業 「充実した学生生活に感謝」
  3. イチロー引退会見「死んでもいいという気持ちはこういうこと」一問一答(その4)
  4. イチロー引退会見「野球が楽しかったのは94年まで」一問一答(その3)
  5. イチロー引退会見「野球への愛貫いた」一問一答(その2)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです