メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

認知症と社会

 認知症の高齢者は2012年時点で推計約462万人。25年には最大で約730万人になるという試算もある。高齢者だけでなく、若い世代でも増えている。就労の手助けや、外出時の支援はどうあるべきか。26~29日には京都市で、認知症に関する「国際アルツハイマー病協会(ADI)国際会議」が開かれる。

若い人の生活支える制度必要 高見国生 認知症の人と家族の会代表理事

 認知症を巡って社会が変化を迫られている背景には、診断技術の進歩によって発症を早期に発見できるように…

この記事は有料記事です。

残り4335文字(全文4563文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  4. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  5. 後遺症残る伊丹市職員 友の分も生き 支える側に 尼崎脱線事故14年

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです