メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

吉村市長、9条含む改憲議論を

 国政政党・日本維新の会常任役員で、地域政党・大阪維新の会政調会長を兼ねる吉村洋文大阪市長は20日の記者会見で、憲法9条を含めた憲法改正の議論をすべきだとの認識を示した。維新が政策に関する最高意思決定機関と位置付けている「戦略会議」が22日に開かれ、出席して提案するという。

     維新は憲法改正について教育無償化や統治機構改革などを盛り込むべきだと主張しているが、9条改正は「時期尚早」との立場を取っている。

     吉村氏は緊迫する北朝鮮情勢を念頭に「憲法9条があれば平和だという神話は崩れている。日本は本当に専守防衛で守れるのかを考える時期に来ていると思う」と述べ、国防を考えるに当たり9条改正を含めた憲法論議をすべきだと述べた。【岡崎大輔】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 花壇 花持ち去り相次ぐ ボランティアら落胆 栃木 
    2. 映画 主演リリーさん「障害者への勝手なイメージ変えて」
    3. 被害届「不起訴相当」 詩織さんと山口氏のコメント全文
    4. 生き残りの模索 金正恩体制5年/上 不屈の美女ビジネス 制裁の中、外貨稼ぎ
    5. 美濃加茂高 「反省足りない」100mダッシュ100本超

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]