メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小笠原諸島

西之島で1年半ぶり噴火 火口周辺は警戒

1年半ぶりに噴火した西之島=海上保安庁提供

 気象庁は20日、小笠原諸島・西之島(東京都)で噴火があり、火口周辺警報(入山危険)を出したと発表した。火口から1.5キロの範囲では大きな噴石に警戒を呼びかけている。噴火が確認されたのは2015年11月以来、約1年半ぶり。西之島は約2年間の噴火活動で面積が拡大している。

 海上保安庁の航空機が同日午後2時25分ごろ、上空から噴煙と噴石が飛んでいるのを確認した。気象庁によると、気象衛星「ひまわり」による観測でも、19日午後9時ごろから西之島付近で周囲より温度が高い状況が確認された。

 西之島は13年11月に、島の南東の海底で起きた噴火で新しい島が出現。流れ出た溶岩が冷え固まって元の島とつながり、総面積は噴火前の約12倍に達したが、15年11月を最後に噴火は確認されず、今年2月に警報が解除された。16年10月には、東京大地震研究所などの研究チームが噴火後、初めて島に上陸し、火山活動や生態系の調査を行った。【飯田和樹】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファンド 本田圭佑選手、米俳優ウィル・スミス氏と設立へ
  2. セブン-イレブン 100円ビール発売中止
  3. 夏の高校野球 1人だけの部員 1回戦敗退も「悔いなし」
  4. 宮内庁 小室圭さんについて「婚約状態ではない」
  5. 西日本豪雨 元消防士の教授「外に出るな」 学生けがなし

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]