メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

データで見る東海百景

名古屋城、木造計画で入場者は? ソフト面、人気に影響

名古屋城再建以来の年間入場者数

 天守閣の木造復元計画が進む名古屋城。金のシャチホコの威容を誇る天守閣が、創建当時の姿を取り戻すかもしれない。他方で、最大で500億円を上回る事業費を観覧料収入で回収できるのか、入場者数の見込みに関心が集まっている。過去のデータから、傾向を探ってみた。

 第二次世界大戦時の米軍機の空爆で焼失した名古屋城天守閣は、1959年に鉄筋コンクリート(RC)で再建された。翌年に来場者数は増えるが、すぐに減少する。増減を繰り返し、近年は城ブームの影響で増加傾向が続く。

 天守閣再建後60年弱の歴史の中で、急増したのは名古屋城博が行われた84年、世界デザイン博覧会の89…

この記事は有料記事です。

残り694文字(全文973文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  2. 絢子さま婚約内定 プロポーズ「あまりに突然でしたが…」
  3. 皇室 小室家側に「国民が納得できる説明を」秋篠宮ご夫妻
  4. プレイステーション 復刻版「プレイステーション クラシック」発売 12月3日に9980円で
  5. 仙台・警官刺殺 容疑の男、刃物と機関銃様のもの所持

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです