メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経産省

今夏の節電要請見送り 安定的な供給可能

 経済産業省は21日、今夏の電力需給見通しを公表した。安定的な供給が可能だとして、家庭や企業への節電要請を見送る方針を示した。東日本大震災以降、節電要請を行わないのは、昨年夏・冬に続き3回目。政府は近く閣僚会議で正式決定する。

     試算によると、供給余力を示す「供給予備率」は、10年に1回程度の猛暑を想定したとしても、8月で7.5%(沖縄を除いた全国)。電力の安定供給に最低限必要とされる3%を大幅に上回る見通しとなった。東北、東京、中部の各電力管内では3%を下回る月もあるが、電力会社のエリアを越えた電力売買や火力発電の出力増で賄えば対応可能と判断した。【片平知宏】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. フィギュア 羽生結弦が全日本選手権を欠場 連盟が発表
    2. 牧太郎の大きな声では言えないが… 「横綱の暴行」で稼ぐのは?
    3. 綱の失墜 日馬富士暴行問題/下 重し消え、変節する白鵬 崩れる伝統・秩序
    4. フィギュアスケート 羽生「腱と骨にも炎症」コメント追加
    5. 相撲協会 元日馬富士処分は「引退勧告相当」提案へ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]