メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長距離定期便を鉄道に切り替え 人員不足で

 セイノーホールディングス傘下の西濃運輸(岐阜県大垣市)が、片道800キロ超の長距離トラック定期便の多くを鉄道輸送に切り替えることが21日、分かった。人手不足が続く中、交代要員が必要な長距離便の運転手の数を減らせるため、別の輸送に振り向けるなどして効率化を目指す。

     西濃運輸は1日に約3700便を運行しており、片道800キロを超えるのは145便。このうち区間内に鉄道が走っており、切り替えても従来と輸送時間が変わらない約80便を対象とする。

     主要都市を結ぶ定期便で約2100人の運転手がおり、鉄道の利用により約150人を他の輸送などに充てることができるという。(共同)

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「オタ芸」訴訟 男性の控訴棄却「鑑賞の仕方はさまざま」
    2. 桑原武夫蔵書 遺族に無断で1万冊廃棄 京都市が謝罪
    3. ネット公開捜査 「実は少年」見た目での判断難しく
    4. 18歳のリスク ローンカード契約 だまされ120万円、即日借金
    5. 高校野球 早実・日大三、打撃戦で逆転また逆転【速報】

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]