メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

恐竜博物館

1億2000万年前 最古のスッポンの化石

福井県勝山市の断層から発見された約1億2000万年前のスッポンの化石=福井県勝山市の県立恐竜博物館で2017年4月21日、立野将弘撮影

 福井県勝山市の県立恐竜博物館で来月7日まで約1億2000万年前のスッポンの化石が展示されている。博物館の研究員らが今月中旬、専門誌(電子版)に発表した論文では「同種化石では世界最古」としている。

     2002~10年の調査で同市の恐竜化石が発掘される地層で見つかった。肩や骨盤の一部などで、現在生息するものとほぼ同じ形という。

     研究員らは東アジアから世界に広がったことを裏付ける発見としており、「日本の化石研究が世界的な価値を示した」と興奮気味。入館者の心もスッポンのようにつかんで離さない?【立野将弘】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 警視庁 警官が50キロ超過で走行、死亡事故 東京
    2. 新幹線 ドア開け忘れ、200人置き去り 名古屋駅
    3. 選抜高校野球 21世紀枠の候補校を発表
    4. 運送会社 社員身代わり出頭 埼玉県警が営業所を家宅捜索
    5. サッカー 東アジアE-1選手権 北朝鮮は賞金なし 連盟が決定

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]