メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

阪神、2位に浮上 福留が一回に先制3ラン

 ○阪神4-1巨人●(21日、東京ドーム)

     阪神が勝って巨人と並ぶ2位に浮上した。福留が一回の先制3ランを含め、4安打と活躍。メッセンジャーは緩急を利かせて低めへ集め、8回1失点で3勝目を挙げた。巨人は打線がつながらず、連勝が4で止まった。

     ○…阪神の福留が今季初の4安打。一回1死一、二塁、内角高めの変化球を仕留めて右翼席へ。開幕戦以来の第2号に「たまたま最高の形である、本塁打になった」と喜んだ。三回は右前打、五回は左中間二塁打を放ち、七回にも右前打。自身3度目のサイクル安打こそ逃したが、4番の役割を果たした。開幕戦は3安打2打点と活躍したが、出場した直近6試合で打点はゼロ。久々に勝利を呼び込み「チームに迷惑をかけていたので」と胸をなでおろした。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 相模原事件 娘の死、向き合えぬ 62歳父、がん延命拒否
    2. 相模原事件 甘えん坊の娘、現実結びつかない 被害者の父
    3. 相模原事件 「やまゆり園」止まったままの日常 内部公開
    4. 下請け法違反 セブン-イレブンに再発防止勧告 公取委
    5. 九州豪雨 「今、流されている」 不明の女性電話で「さよなら」 夫は遺体で発見

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]