メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

海部宣男・評 『毒々生物の奇妙な進化』=クリスティー・ウィルコックス著

 (文藝春秋・1728円)

厳しい生存競争の結果に敬意

 毒に魅入られる人は多い。むろん人を害しようというのでなく、「毒」そのものに惹(ひ)かれる。信じられないほど多様な有毒生物とともにこの本に登場するのは、そういう人たちだ。毒蛇や毒クラゲで死ぬほどの目にあい、それで有毒生物の研究にのめり込んだ研究者から、コブラに咬(か)ませて得られるハイな桃源郷気分を求める人まで。

 ハワイ大学の研究員として有毒生物を専攻する著者は有毒生物を求めて世界を飛びまわり、サイエンス・ライ…

この記事は有料記事です。

残り1251文字(全文1484文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大量懲戒請求 賛同した女性「洗脳状態だった」
  2. 麻生太郎氏 河野外相に「常識を磨かないといかん」
  3. 安田純平さん 解放の情報 シリアで3年間行方不明
  4. 安田さん解放 妻のMyuさん「よく頑張ったね」
  5. 会見 麻生氏「飲み倒した人の医療費、払うのあほらしい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです