メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

映画と歩んで

監督・降旗康男/下 若い世代につなぐ信念

 「駅 STATION」「鉄道員(ぽっぽや)」など、日本の美しい風景を映す映画を撮り続けてきた降旗康男監督とカメラマン木村大作。そのコンビが9年ぶりにタッグを組んだ映画「追憶」が5月6日から東宝系で全国公開される。富山や能登半島を舞台に過去と向き合う主人公を演じたのは、今や数々の映画で主役を張る岡田准一。公開を前に降旗と岡田が撮影を振り返った。

この記事は有料記事です。

残り1970文字(全文2143文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ドイツ 首相、長官人事を再協議 支持率急落受け
  2. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  3. 山梨 ミッキー、甲府に登場「開府500年」100日前
  4. 女子剣道 早大が15連覇 早慶対抗
  5. あの人に会った 関西ジャニーズJr. 西畑大吾さん

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです