メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊サッカー

U20W杯 高い意識持ち続けて J1札幌・MF 小野伸二(37)

=荻野公一撮影

 U20W杯での日本の最高成績は1999年、前身の世界ユース選手権での準優勝。この時の主将だったMF小野伸二(37)=札幌=に大会の記憶、現在の代表候補への思いを聞いた。【大谷津統一】

 --98年W杯フランス大会に18歳で出場した翌年、世界ユース選手権ナイジェリア大会を迎えた。

 ◆自分たちの世代はクオリティーが高く、A代表と遜色なかった。全員仲が良く、何をやるのも一緒と意識づけられていた。

この記事は有料記事です。

残り1724文字(全文1920文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 「普通の生活をしていた思い出の地」 横田早紀江さん、めぐみさんの母校で講演
  5. ルポ女子少年院 居場所を探して覚醒剤に手を出した少女

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです