メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 先月、「南アフリカのトランプ大統領」の新聞報道が、ソーシャルメディアで広まったあと、英国や米国、カナダ、オーストラリアなど世界を駆け巡った。きっかけは、英国のレーシングポスト社が掲載した記事だ。その「プレジデントトランプ」はデビュー前の2歳馬の名前である。

 父が米国産馬の同馬は昨年、南アフリカの1歳セールで1万3740ドル(約150万円)で落札された牡馬だった。管理しているのは、南アフリカの気鋭のジャスティン・スネイス調教師。ケープタウンに厩舎(きゅうしゃ)を持つ彼は40代前半ながら、1日8勝の世界記録保持者である。彼へ先月、南アフリカ競馬機構から「馬名を変更せよ」とのお達しが届いた。

 馬に大統領の名前をつけたからではない。例えば、英国の動物園では昨年、女王が90歳になったのを祝って…

この記事は有料記事です。

残り428文字(全文775文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 日本テレビ イッテQ疑惑で大久保社長謝罪 祭り企画休止
  3. 日本テレビ イッテQやらせ疑惑で不適切演出認める
  4. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  5. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです