メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

線路はつづくよ/青森

東北の春 岩手県 IGRいわて銀河鉄道・滝沢駅 串焼き香る待合室 直結店、地域にぎわいに一役 /青森

滝沢駅に停車するIGRいわて銀河鉄道「IGR7000系」。車体は、岩手の夜空をイメージした「スターライトブルー」と、星の輝きをイメージした「スターライトイエロー」でカラーリングされている=IGRいわて銀河鉄道滝沢駅で

 IGRいわて銀河鉄道「滝沢駅」(岩手県滝沢市)の待合室には、串焼きの香ばしい匂いやたれの香りがほのかに漂っていた。匂いの元をたどっていくと、同社が駅内で運営する「串焼処(くしやきどころ) 銀河」に行き着いた。「やきとり」の赤ちょうちんに誘われて店に入ると、網の上で手際よく串をひっくり返しながら、店長の佐野毅さん(64)が「軟らかくて味わいがあるよ」と、迎えてくれた。

 駅を利用する人は1日約1500人で、同社の沿線の中では盛岡駅に次ぐ規模。駅近くには盛岡大や岩手県立…

この記事は有料記事です。

残り974文字(全文1209文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か
  2. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
  3. ORICON NEWS 『銀魂』また完結できず…担当編集が謝罪「どうあがいても絶望」 続きはアプリで配信
  4. カップヌードルみそ味、4月に新発売 これまでなぜなかった?
  5. 世界の雑記帳 死亡した英男児の棺が空と判明、遺体の扱いに疑念の母親が真実追及

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです