メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

近影遠影

高橋一清・あの日あの人/97 宮本輝 逆境に抗う明るい読後感 /島根

 文藝春秋での38年間、文藝担当の編集者として働いた。既成の作家に新作をいただくほか、無名の新人作家を芥川賞、直木賞へと導いた。私は少年のころから野球を楽しみにしていた。投手もしたが捕手もした。捕手は投手を引き立て、思い切り投げさせ、どんな投球でも受けとめる。作家は投手に、編集者は捕手に似ている。作家と向かい合うとき、捕手の経験が役立った。

 昭和50(1975)年秋、「文學界」新人賞の応募原稿を読んでいて、これまでになく興奮した。面白い。…

この記事は有料記事です。

残り1134文字(全文1355文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民党総裁選 石破氏、「応援なら大臣辞めろ」はパワハラ
  2. 質問なるほドリ NHK受信料、支払いは義務? テレビ設置日から 最高裁が初判断=回答・伊藤直孝
  3. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  4. NHK受信料 憲法判断 契約成立時期なども あす最高裁判決
  5. 宮城県警 交番で警官刺され死亡、男撃たれ死亡 仙台

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです