メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

近影遠影

高橋一清・あの日あの人/97 宮本輝 逆境に抗う明るい読後感 /島根

 文藝春秋での38年間、文藝担当の編集者として働いた。既成の作家に新作をいただくほか、無名の新人作家を芥川賞、直木賞へと導いた。私は少年のころから野球を楽しみにしていた。投手もしたが捕手もした。捕手は投手を引き立て、思い切り投げさせ、どんな投球でも受けとめる。作家は投手に、編集者は捕手に似ている。作家と向かい合うとき、捕手の経験が役立った。

 昭和50(1975)年秋、「文學界」新人賞の応募原稿を読んでいて、これまでになく興奮した。面白い。…

この記事は有料記事です。

残り1134文字(全文1355文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  2. 札幌市が水道料金6140万円と誤通知 本来の6696円の9100倍
  3. 女子高生とのわいせつ動画 ネット公開容疑で男逮捕 4000万円収入か
  4. SNSで自分の裸の画像や動画販売容疑 15~17歳の少女3人を書類送検 福岡県警
  5. 透析中止・夫の手記全文 まさか「死ぬための入院」だなんて…

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです