メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ともに

小国大夢物語 「四国食べる通信」編集長・真鍋邦大さん(高松市)/9 小豆島で会社設立 /香川

愛称の「ポン真鍋」の由来を話す真鍋邦大さん=香川県丸亀市内で、玉木達也撮影

ポン菓子で地域おこし

 2011年11月。大阪府知事と大阪市長のダブル選挙で「変化」を感じ、故郷に帰ることを決意した頃、真鍋邦大さん(38)はこう考えていた。

 「会社を作り、地域おこしをしたい。効果的にやるには象徴的でわかりやすい方がいい。香川はうどんが有名だが、すでに店は多くある。次に知られているのは島々だ。その中で一番、大きいのが小豆島。ここには売り込める素材がまだまだあるはずだ」

 可能性を感じる一方、島は少子高齢化など社会問題の縮図でもある。そういう二面性を持つからこそ、島を盛…

この記事は有料記事です。

残り804文字(全文1047文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
  2. 夏の高校野球 金足農サヨナラ2ランスクイズ 近江を降す
  3. 富田林署逃走 容疑者5月以降4回逮捕 若い女性狙い
  4. 余録 日本人の目には、どう見てもひらがなの「も」である…
  5. 兵庫・ダム遺体 大阪の男2人逮捕 死体遺棄容疑

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです