メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

東芝 再建への道は

竹内健氏

 大手電機メーカーの東芝が経営危機にあえいでいる。米国の原発事業で巨額の損失を計上し、上場廃止の瀬戸際に立つ。再建に向けて、海外の原発事業からの撤退を決め、稼ぎ頭の半導体メモリー事業の売却を急ぐ。だが、技術の海外流出を懸念する声も強い。落日の東芝は再建への道を見いだすことができるのか。

半導体産業、海外流出は防げ 竹内健・中央大教授

 米原発子会社のウェスチングハウス(WH)が原発事業で巨額損失を出したために、東芝は優良事業の半導体メモリー部門を売却せざるを得なくなった。私はかつて半導体部門でフラッシュメモリーの開発をしていたが、この事業は利益が出ているし、将来に向けた開発もしている。関係のない原発事業のために売りに出されるのは残念なことだ。

 そもそも、一人の経営者が半導体や原発などの全ての事業を理解して経営を行う「総合電機」という形態自体…

この記事は有料記事です。

残り4123文字(全文4496文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  2. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  3. 大阪・御堂筋で事故 軽ワゴン車横転、歩道に乗り上げ 繁華街が一時騒然
  4. もとをたどれば リクシルグループ 「住」と「生活」豊かさ願い
  5. 首相側近・萩生田氏、増税先送り可能性に言及 与党にも波紋「何を勝手に言っているんだ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです