メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Country・Gentleman

私を助けてくれた礼儀作法=C・W・ニコル

咲き始めたカタクリの花=長野県信濃町で、C・W・ニコル・アファンの森財団提供

 <カントリージェントルマン>

 日本の女性に「紳士とは?」と尋ねると、大概、「強くて、礼儀正しく、正義感あふれる男性」という答えが返ってくる。「背が高くて、堂々として、ハンサム」なら、なおいいらしい。

 かくいう私も「紳士たること」を人生の目標の一つとして生きてきたが、そう簡単なことではなかった。私は1940年、第二次世界大戦開戦の翌年にウェールズで生まれた。出征した実父との再会はかなわず、父を手本とすることはできなかった。代わって、私の人生に絶大な影響を与えたのは母方の祖父だ。第一次世界大戦で志願兵として戦ったという祖父は、私に自らの人生哲学を教えこんだ。

 祖父は12歳で炭鉱に働きに出た。読書家で言葉遣いも上品だったが、大学はおろか高校も出ていない。オペ…

この記事は有料記事です。

残り813文字(全文1144文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松尾貴史のちょっと違和感 新潟女児殺害 2次被害に無神経なメディア
  2. FFと天野喜孝の世界展 東京・池袋で大規模展示会 原画やCG、立体造形も
  3. 名人戦 佐藤名人が2勝目 再びタイに
  4. ねこ駅長 「ニャー」就任で観光客5倍に JR豊後竹田駅
  5. フィギュアスケート プリンスアイスワールド開幕 氷上の舞、湖国魅了 10年ぶりの公演 五輪の感動再び 大津 /滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]