メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

テニス

「世界ベスト4に」デ杯新監督の岩渕氏が抱負

デ杯の日本代表監督に就任し、意気込みを語る岩渕聡氏=東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンターで2017年4月25日、前本麻有撮影

 男子テニス国別対抗戦デビス杯の新監督に就任した岩渕聡氏(41)が25日、東京都内で記者会見し「選手とコミュニケーションをしっかり取っていく。世界ベスト4に入れるようにしたい」と抱負を語った。現行のワールドグループ(WG)制導入後、日本の過去最高成績は錦織圭(日清食品)らを擁した2014年の8強。

     岩渕監督は主にダブルスで活躍し1996年アトランタ、00年シドニー五輪代表。09年に引退し、現在は日本オリンピック委員会(JOC)のスポーツ指導者海外研修員として米国に留学中。

     日本は今年2月のWG1回戦でフランスに敗れ、残留をかけ9月の入れ替え戦でブラジルと対戦する。岩渕監督は「団体戦はランキングが全てではない。チームの雰囲気が良ければ格上に勝てることもある」と意気込み、日本協会の新専務理事に就任予定の福井烈氏は「彼は冷静で、分析力もある」と期待した。【前本麻有】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 衆院内閣委 桜田五輪相「判断力は抜群」「世界で有名に」
    2. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
    3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
    4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
    5. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです