メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

関西見てある棋

心に期す、さらなる高み

 日本将棋連盟関西本部に所属する昨年10月2日以降の昇段者の免状授与式が4月12日、大阪市福島区の関西将棋会館であった。棋士8人、女流棋士2人、指導棋士1人(出席は8人)で、免状を手に気持ちを新たにしていた。

 昨年度の順位戦昇級者は関西勢が多数を占め、同連盟の東和男専務理事は「すばらしい力が集中している」と期待を表明。B1昇級と昇段を果た…

この記事は有料記事です。

残り257文字(全文427文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クジラ 東京湾で目撃9件 海ほたる沖で何度もジャンプ
  2. アイス ピノがCMをやめた理由
  3. 殺人 「闇ウェブ」専門家刺され死亡 福岡繁華街、男出頭
  4. 特別展 破損した本、泣いている 全国で被害相次ぎ「マナー守って」 県立図書館 /鳥取
  5. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]