メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウマ女十番勝負

(6)天皇賞・春 虹色に光る末脚で……レインボーライン

2016年の天皇賞・春を制したキタサンブラックと北島三郎さん(左から2番目)=JRA提供

 デジタル編集部の“真希バオー”こと中嶋真希記者が予想するG1シリーズ第6弾は、春の長距離王者を決める天皇賞・春(京都3200メートル、4月30日午後3時40分発走)。「長距離馬の気持ちがわかる」と豪語する真希バオーは、荒れる“春天”を的中できるか? 毎日新聞の競馬担当、松沢一憲記者の解説を交えて大胆予想します。【中嶋真希】

 長距離王者を決める天皇賞。秋は2000メートルで3歳も出走できるが、春は3200メートルとJRA平…

この記事は有料記事です。

残り2365文字(全文2578文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. Dr.北村が語る現代思春期 危険な「セクスティング」 削除できない性的画像
  2. モルディブ 野党連合のソリ氏、大統領に
  3. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  4. 教育の窓 ランドセルが重い 教材置いてっていいですか
  5. 「灯り路」 秋夜に浮かぶ中山道 柔らかな光楽しむ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです