メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

広島から、長崎から

シリア内戦 6年、終結めど見えず/化学兵器と米の攻撃 /広島

「日本シリア連帯協会」代表のアブドゥーラ・バセムさん=広島県廿日市市で、竹下理子撮影

 平穏な国だったシリアで内戦が始まり、6年が過ぎた。米トランプ政権は今月6日、アサド政権軍が化学兵器を使ったとして、ミサイル攻撃するなど情勢は混迷を深める。シリアに関わってきた広島や長崎の人たちは、今、どのような思いでいるのか。シリア出身で廿日市市の市民団体「日本シリア連帯協会」代表、アブドゥーラ・バセムさん(49)と国際NGO「国境なき医師団」のメンバーとして2013年にシリアで活動した長崎県諫早市の宮崎病院の医師、渥美智晶さん(41)に聞いた。

この記事は有料記事です。

残り2558文字(全文2784文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格
  2. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛
  3. 「麻生氏に八木山峠は越えさせない」 福岡知事選、気勢上げる自民造反組
  4. 原料に金属か、ロッテとブルボン菓子回収 宇部興産設備で破損、影響拡大
  5. 辺野古 玉城知事の「上告取り下げ」県政与党は寝耳に水 首相に辺野古「譲歩カード」 /沖縄

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです