メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

広島から、長崎から

シリア内戦 6年、終結めど見えず/化学兵器と米の攻撃 /広島

「日本シリア連帯協会」代表のアブドゥーラ・バセムさん=広島県廿日市市で、竹下理子撮影

 平穏な国だったシリアで内戦が始まり、6年が過ぎた。米トランプ政権は今月6日、アサド政権軍が化学兵器を使ったとして、ミサイル攻撃するなど情勢は混迷を深める。シリアに関わってきた広島や長崎の人たちは、今、どのような思いでいるのか。シリア出身で廿日市市の市民団体「日本シリア連帯協会」代表、アブドゥーラ・バセムさん(49)と国際NGO「国境なき医師団」のメンバーとして2013年にシリアで活動した長崎県諫早市の宮崎病院の医師、渥美智晶さん(41)に聞いた。

この記事は有料記事です。

残り2558文字(全文2784文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 支局長からの手紙 お世話になりました /愛媛
  2. ORICON NEWS 是枝裕和監督、樹木希林さんの思い出ある映画祭で涙のスピーチ
  3. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  4. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  5. あの人に会った 関西ジャニーズJr. 西畑大吾さん

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです