メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憲法論議

各党実務者に聞く/2 国民と離れず議論を 民進・武正公一氏(56)

=藤井達也撮影

 --憲法改正の内容次第では、民進党は自民党と協力するか。

 ◆政府は集団的自衛権の行使を容認するため、2014年に憲法解釈を変更した。これは立憲主義にもとる。自民党が改憲案を発議したいと言っても、こうした姿勢を改めなければ、民進党はにわかにくみしない。

 --党内論議の現状は?

 ◆現行憲法を評価しつつ、新しい人権、統治機構改革などで足らざる点があれば見直す。首相の解散権の制限や、国と地方のあり方については党の考え方がまとまりつつある。憲法の地方自治規定は今の4カ条で足りるのか。地方の課税自主権、条例制定権の拡充などは議論してもいい。

 --細野豪志前代表代行が改憲私案を発表した。

この記事は有料記事です。

残り522文字(全文813文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
  2. 財務省 森友交渉記録、答弁に合わせ廃棄 理財局職員指示
  3. 愛知県警 犬山で似た男目撃 鑑定留置中に逃走、指名手配
  4. 道交法違反容疑 交差点でこたつ、2人目を逮捕 京都府警
  5. 愛媛県文書 安倍首相内容否定に中村知事「そうですか…」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]