メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

韓国の課題

2017大統領選/上 政経癒着、根絶の機会 改革議論は深まらず

存続の危機に立たされている韓国の全経連の本部ビル=ソウル市内で27日、米村耕一撮影

 5月9日に投開票される韓国大統領選は、朴槿恵(パククネ)前大統領の国政介入事件を受け、憲政史上初の大統領罷免に伴う「補欠選挙」となる。国家元首の権威が失墜した政治的混乱の中、国の形を問い直すような改革案が多岐にわたり争点化している。韓国はどう変わろうとしているのか。課題を追った。【ソウル大貫智子、米村耕一】

 「前大統領のために、こんなことになってしまった。本当に残念だ」。日本の経団連に相当する団体、全国経…

この記事は有料記事です。

残り1000文字(全文1205文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
  2. 狛江市 市長辞意の決め手はセクハラ被害女性の実名抗議文
  3. 狛江市 市長が辞意を正式表明 セクハラ、被害者に謝罪へ
  4. 火災 住宅全焼、1人死亡 不明の10歳長男か 埼玉
  5. マクドナルド福増町店 道路の真ん中に!? 味なことやる バイパス遊休地を活用 /北陸

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]