メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 茶道の稽古(けいこ)といえば、点前を指す。だが、点前がうまくなるだけでは、客を心から満足させる「茶事」ができるわけではない。常識にとらわれない男性メンバーだけの茶事グループを通して見えてきたことは--。

 茶道を習得する目的の一つに茶事がある。茶事とは、4時間を使った2幕のドラマと言える。

 1幕目は懐石といわれる軽い食事と二献か三献の酒を出し、2幕目は濃茶・薄茶を点(た)てて出す。客を迎えて送り出すまでの時間が約4時間。基本は、千利休以来400年間変わらない。

 三十数年前の事である。学生時代から点前の稽古だけは続けていた私は、裏千家名誉教授だった浜本宗俊(そ…

この記事は有料記事です。

残り1344文字(全文1626文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 殺人 「闇ウェブ」専門家刺され死亡 福岡繁華街、男出頭
  2. サッカー日本代表 不安定な川島 西野監督も苦言
  3. 質問なるほドリ 闇ウェブって何なの? 通信内容を暗号化 発信者の特定困難=回答・岡礼子
  4. 福岡男性刺殺 ネット書き込みで恨み 出頭の42歳男逮捕
  5. 福岡男性刺殺 容疑者か ネットに「自首し俺の責任取る」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]