メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 茶道の稽古(けいこ)といえば、点前を指す。だが、点前がうまくなるだけでは、客を心から満足させる「茶事」ができるわけではない。常識にとらわれない男性メンバーだけの茶事グループを通して見えてきたことは--。

 茶道を習得する目的の一つに茶事がある。茶事とは、4時間を使った2幕のドラマと言える。

 1幕目は懐石といわれる軽い食事と二献か三献の酒を出し、2幕目は濃茶・薄茶を点(た)てて出す。客を迎えて送り出すまでの時間が約4時間。基本は、千利休以来400年間変わらない。

 三十数年前の事である。学生時代から点前の稽古だけは続けていた私は、裏千家名誉教授だった浜本宗俊(そ…

この記事は有料記事です。

残り1344文字(全文1626文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 韓国警察、「JYJ」ユチョン氏の逮捕状請求へ 麻薬使用容疑で
  4. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  5. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです