メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

リスタート・第66回黒鷲旗バレー

/下 久光製薬(女子) 若手の個性生かす

選手に熱心に指導する酒井監督(左)

 常勝チームを率いる重圧は大きかった。今季プレミアリーグ開幕直前の昨年10月、久光製薬・中田久美前監督(51)の女子日本代表監督選出に伴い、後任に就いたのが酒井新悟監督(47)だった。男子の堺の監督を2009年から5年務めてプレミア優勝2回の実績を持つが、女子の指導は初めて。「女性監督の方が同性同士で選手の精神面をサポートしやすい面はあったと思う。リーグ戦の中で勉強しながらの毎日だった」と振り返る。

 監督在任4シーズンでプレミア優勝3回、全日本選手権4連覇を果たした中田前監督のアドバイスを受けなが…

この記事は有料記事です。

残り556文字(全文807文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  2. 北海道地震 「セイコーマート」95%が営業できた理由は
  3. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  4. 新潮45 杉田水脈議員擁護の特集 批判は「見当はずれ」
  5. 台風21号 大阪湾内6割超「走錨」か 連絡橋衝突船含め

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです