メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

揺れる世界

米、外交で活路模索 対露、ISでは苦戦

 【ワシントン会川晴之】トランプ米政権は内政で成果をあげられない中、「力による平和」を掲げて軍事・外交分野に活路を見いだそうとしている。「米国第一主義」の内向きな姿勢から、各国と協調する現実路線に転換しつつあるようにもみえる。ただ、最重要課題に掲げていた過激派組織「イスラム国」(IS)への対策やロシアとの関係改善は苦戦している状況だ。

 トランプ政権が成果として誇るのは、核・ミサイル開発を続ける北朝鮮への圧力強化や、化学兵器使用を理由…

この記事は有料記事です。

残り609文字(全文828文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ローマ・カトリック教会 前田大司教を枢機卿に任命
  2. 安倍首相 観閲式視察 中国、北朝鮮をけん制
  3. 松尾貴史のちょっと違和感 新潟女児殺害 2次被害に無神経なメディア
  4. NHK杯体操 男子個人総合 内村が10連覇
  5. 旧優生保護法 強制不妊、妻に言えず 提訴の男性「人生返して」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]