メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

韓国の課題

2017大統領選/中 若者の就職難、深刻 将来見えぬ「生き地獄」

 「いくらスペック(資格や学力など)があっても、企業では価値観や考え方が合わなければだめ。それを判断するために面接がある」

 4月28日、ソウル東部にある漢陽(ハンヤン)大の就職支援センターで、男子学生2人が講師の話に耳を傾けていた。2人は5月に迫った大手自動車会社の面接対策として、どのように自己アピールすべきか、個別指導を受けていた。多い日は1日で約50人が面接指導を受ける。

 漢陽大は、全国の高校生の成績上位者が志望する人気校だ。しかし、今春で学生生活が5年目に入った同大の…

この記事は有料記事です。

残り901文字(全文1140文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. モリカケ問題 政府答弁は論点のすり替え? ネットで話題「ご飯論法」
  2. 毎日世論調査 加計問題、首相説明「信用できない」70%
  3. 食中毒 修学旅行生ら入院 長崎市の料理店からノロ検出
  4. 競馬 日本ダービー、5番人気・ワグネリアンが優勝
  5. 水路転落訴訟 金沢で市など相手に相次ぐ 「景観」か「安全重視」か /石川

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]