メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

韓国の課題

2017大統領選/中 若者の就職難、深刻 将来見えぬ「生き地獄」

 「いくらスペック(資格や学力など)があっても、企業では価値観や考え方が合わなければだめ。それを判断するために面接がある」

 4月28日、ソウル東部にある漢陽(ハンヤン)大の就職支援センターで、男子学生2人が講師の話に耳を傾けていた。2人は5月に迫った大手自動車会社の面接対策として、どのように自己アピールすべきか、個別指導を受けていた。多い日は1日で約50人が面接指導を受ける。

 漢陽大は、全国の高校生の成績上位者が志望する人気校だ。しかし、今春で学生生活が5年目に入った同大の…

この記事は有料記事です。

残り901文字(全文1140文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 世界遺産 光のアート、幻想的に 京都・下鴨神社
  2. 兵庫・ダム遺体 大阪の男2人逮捕 死体遺棄容疑
  3. 「戦争の世紀」研究 現代史と国際政治の視点から/25 ノモンハン事件 転機はらんだ限定戦
  4. 浜松 市議がアダルト動画投稿 10万円利益 辞職願提出
  5. 障害者雇用 「なめられた」 国の不正に怒りやあきれ声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです