メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドクター元ちゃん・がんになる

患者家族への「公助」を=金沢赤十字病院副院長・西村元一

=丸山博撮影

 がんの告知、特に予後不良のがんの告知を受けた瞬間、本人だけではなく家族全員の人生も一変します。それまでいろいろ考えていた家族設計がことごとく崩れ去り、生活のほとんど全てが、がん治療を中心に回り出すと言っても過言ではないでしょう。

 短期戦なら短期戦なりに、長期戦なら長期戦なりに、仕事、生活、そして経済的にも次から次へと想定外のことが起きます。さらに、行政的な支援もありますが、その仕組みは分かりにくく、患者側が行動しなければ受けられない支援もあり、改善が必要だと感じました。

 そんなときに支えになってくれたのが、医療スタッフ、仲間、友人らでした。中でも、自分にとって一番の支…

この記事は有料記事です。

残り725文字(全文1013文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 毎日世論調査 アメフット、日大説明「納得できる」1% 
  2. 自民・萩生田氏 「男が育児、子供に迷惑」 持論を展開
  3. モリカケ問題 政府答弁は論点のすり替え? ネットで話題「ご飯論法」
  4. 毎日世論調査 加計問題、首相説明「信用できない」70%
  5. 森友 音声データに残る発言 交渉記録からなぜ欠落

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]