メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

競馬

キタサンブラックが連覇 天皇賞・春

 中央競馬の第155回天皇賞・春(G1)は30日、京都競馬場の芝3200メートルに17頭が出走して行われ、1番人気のキタサンブラックが3分12秒5のレコードタイムで2連覇を達成し、賞金1億5000万円を獲得した。歌手の北島三郎さんがオーナーでG15勝目。同レース連覇は2013、14年のフェノーメノ以来3年ぶり4頭目。武豊騎手は同レース8勝目で、同一G1レース勝利数で史上最多となった。

 キタサンブラックは2番手につけて最終コーナー付近で先頭に立ち、そのまま逃げ切った。2着は4番人気の…

この記事は有料記事です。

残り561文字(全文804文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 女性描くリアルな “油絵”がSNSで反響「興味のない人にも届けたい」
  2. WEB CARTOP 新東名高速の6車線化が決定! 渋滞もしていないのに900億円をかけて実施する理由とは
  3. みなとみらいにロープウエー 20年開業目指す 桜木町駅と運河パーク結ぶ
  4. 駅弁「かにめし」車内販売終了へ 鉄道ファンから惜しむ声
  5. 三重の国道交差点で警察官死亡 ひき逃げか

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです