メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地域力・支えあう和歌山

すさみ町・魅来づくり/下 イノブタ生産 悪戦苦闘の末、軌道に /和歌山

「イブファーム」の畜舎は山あいにある。同社常務の坂本憲治さんは付きっきりでイノブタの飼育にあたる=和歌山県すさみ町で、桜井由紀治撮影

「地元住民そのもの」

 すさみ町大鎌地区の生産加工会社「イブファーム」畜舎で始まった、町特産イノブタの一貫生産。手がけたのは、比較的生産が容易な雄イノブタと肉質がいいとされる「デュロック種」の雌ブタを掛けたB1の新ブランド「イブ美豚(びとん)」で、生産農家が少なく幻の食肉となりつつあったイノブタ再生の期待を担った。しかし、その期待とは裏腹に、飼育途中で多くの子供を死なせてしまった。

 同社常務の坂本憲治さん(42)は、同社代表取締役でホテルベルヴェデーレ会長、坂本信也さん(72)の…

この記事は有料記事です。

残り1245文字(全文1486文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチローが第一線退く意向 球団に伝える 21日試合後に会見
  2. 「イチロー、ボールが見えていない印象」 村上雅則氏が指摘
  3. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  4. 引退「いつかは分からない 毎日その日を懸命に生きてきた」 イチロー一問一答
  5. 第91回選抜高校野球 開会式で国歌独唱 幕張総合高3年・菅谷茉友さん意気込み /千葉

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです