メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憲法70年

点検・国民投票制/1 改憲、政局化望まず 自民、協調を模索

 4月19日夜、衆院憲法審査会の自民、民進両党の主要委員が東京都内の日本料理店に集まった。席上、自民党憲法改正推進本部長を兼ねる保岡興治氏は「与野党がざっくばらんに話せば、おのずと憲法改正への道は見えてくる」と合意重視の運営を呼びかけた。

 衆院憲法審には、保岡氏のほか自民党の船田元(はじめ)氏、民進党の枝野幸男氏ら、前身の衆院憲法調査会からつながりのある顔ぶれがそろい、互いに気心が知れている。調査会長の中山太郎元外相は意見表明の時間を少数会派にも平等に配分し、「中山方式」と呼ばれる伝統は憲法審にも引き継がれている。

 ただ、当時は国政選挙のたびに自民党と民主党が「2大政党」として政権を争っていた。憲法調査会に政争が…

この記事は有料記事です。

残り944文字(全文1254文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 安室奈美恵、引退前夜に故郷沖縄でライブ 異例のフェス形式「とても光栄」
  2. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  3. 夏の高校野球 秋田県民「正直驚いた」金足農快進撃のなぜ
  4. 台風20号 あす西日本接近
  5. 大阪ひき逃げ 47歳男を逮捕 奈良暴走にも関与か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです