メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

一点張り・論説室から

「反日」という色眼鏡は怖い=澤田克己

 韓国大統領選で革新系の文在寅(ムンジェイン)氏が当選すると、中道系の安哲秀(アンチョルス)氏よりも「反日」色の強い政権になると憂慮する声が強い。

 日本で強い関心を持たれるのは、慰安婦問題に関する一昨年の日韓合意への対応だ。文氏は合意に否定的であるうえ、釜山の日本総領事館前に建てられた少女像を訪れて「像を守ろう」と訴えもした。合意への反発が依然として強い韓国世論を意識した言動だろう。反日的と受け取る人がいるのも理解できる。

 一方、選挙戦で慰安婦問題や日韓関係が注目されているわけではない。テレビ討論や遊説では、ほとんど触れ…

この記事は有料記事です。

残り673文字(全文936文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はやぶさ2、リュウグウ着陸成功 データ確認で管制室に歓声
  2. はやぶさ2試料採取の意義とは 新たな太陽系のなぞを探る「0.1グラム」
  3. ボクシング 福岡連盟、山根氏一声で除名解除 「女性に暴力」処分監督
  4. はやぶさ2 「着陸成功に自信」 難敵リュウグウ「攻略法」はどう編み出したのか
  5. はやぶさ2 まもなく着陸「探査機すべて問題なし」JAXA最終判断

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです