メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

密着けいざい

規制緩和の現場/2 京都・京丹後市 過疎地の足、争奪戦

NPO「気張る!ふるさと丹後町」が運行する「ささえ合い交通」の車に乗り込む男性=京都府京丹後市丹後町間人で、吉永康朗撮影

米の配車アプリ、高齢者に好評 タクシー業界警戒、新会社で対抗

 日本海に面した京都府京丹後市丹後町間人(たいざ)の男性(88)の自宅前に、白いプリウスが停車した。地元のNPO「気張る!ふるさと丹後町」が運営する「ささえ合い交通」が運行委託した地元住民の自家用車だ。男性はつえをついて友人と乗り込み、10キロ先のカラオケ店に向かった。「運転免許証を返納したが、行きたい所へ行ける」と笑う。

 一般ドライバーが運転する自家用車をタクシー代わりに活用する「ライドシェア」。米ウーバー社などが海外…

この記事は有料記事です。

残り1033文字(全文1275文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セブン-イレブン 100円ビール発売中止
  2. 安倍首相 「自民亭」出席問題なし 投稿の西村氏は注意
  3. 眞子さま ブラジルへ出発 日本人移住110年で
  4. 児童虐待防止 「もう耐えられない」タレントら要望書提出
  5. セブン-イレブン 100円生ビールをテスト販売へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]