メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

近影遠影

高橋一清・あの日あの人/98 佐藤愛子 担当編集者に励まされ /島根

 平成2(1990)年6月、編集長に就いた「別册文藝春秋」では、佐藤愛子さんの連載小説「血脈」が佳境に入っていた。この小説は、柱としてこれからの編集になくてはならない。

 内示を受けると、何よりもまず、東京都世田谷区の太子堂に住む佐藤さんを訪ねた。初対面であった。佐藤さんは口を結んで、私を見続けた。人品骨柄を見定めるという感じであった。私はひるまず、「血脈」の感心した情景、巧みな表現の箇所を上げて感想を言った。見る見るうちに佐藤さんの表情が変わった。

 「あなた読んできたの。編集長の新任の挨拶(あいさつ)は、顔を見せるだけ。読まないで来て適当なことを…

この記事は有料記事です。

残り1083文字(全文1359文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 殺人 「闇ウェブ」専門家刺され死亡 福岡繁華街、男出頭
  2. 質問なるほドリ 闇ウェブって何なの? 通信内容を暗号化 発信者の特定困難=回答・岡礼子
  3. トランプ氏 「日本で私は英雄」米テレビで主張
  4. サッカー日本代表 「西野監督ごめんなさい」ネットに続々
  5. サッカー日本代表 セネガルと引き分け 勝ち点4に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]