メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ともに

小国大夢物語 「四国食べる通信」編集長・真鍋邦大さん(高松市)/10止 食は「生きる原点」 /香川

「食」の大切さを話す真鍋邦大さん=香川県丸亀市内で、玉木達也撮影

創造の豊かさ取り戻す

 今、「ポン真鍋」の愛称で呼ばれる機会も多い真鍋邦大さん(38)。そのきっかけとなったポン菓子の販売は2012年4月からスタートした。

 それまで作ったこともなかったポン菓子だが、「地域を良くしたい」との思いを込めて作った。例えば、素材の良さを知ってもらうため、基本的に砂糖は使わなかった。

 材料は米の他、小豆島のそうめん(ふしめん)や女木島の落花生、伊吹島のイリコなど島の素材を積極的に使…

この記事は有料記事です。

残り1240文字(全文1444文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 毎日世論調査 アメフット、日大説明「納得できる」1% 
  2. 自民・萩生田氏 「男が育児、子供に迷惑」 持論を展開
  3. モリカケ問題 政府答弁は論点のすり替え? ネットで話題「ご飯論法」
  4. 毎日世論調査 加計問題、首相説明「信用できない」70%
  5. 森友 音声データに残る発言 交渉記録からなぜ欠落

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]