メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

揺れる世界

「正恩氏と会談」発言 トランプ氏、世論意に介さず

 【ワシントン高本耕太】トランプ米大統領が北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長と条件が整えば直接会談する用意があると言及した。北朝鮮情勢が緊迫する中での発言だけに、ホワイトハウスのスパイサー報道官は「現状は明らかに適切な状況ではない」と否定した。しかし、トランプ氏は各国の独裁的なリーダーに対して好意的発言を繰り返しており国際世論の懸念を意に介さない独自の外交姿勢が目立っている。

 トランプ氏の発言は、1日のブルームバーグ通信のインタビュー。「政治家の大半はこんなことを言わないだ…

この記事は有料記事です。

残り519文字(全文765文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ローマ・カトリック教会 前田大司教を枢機卿に任命
  2. 安倍首相 観閲式視察 中国、北朝鮮をけん制
  3. 松尾貴史のちょっと違和感 新潟女児殺害 2次被害に無神経なメディア
  4. NHK杯体操 男子個人総合 内村が10連覇
  5. 旧優生保護法 強制不妊、妻に言えず 提訴の男性「人生返して」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]