メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

テニス

伊達、復帰戦飾れず 左膝手術、1年4カ月ぶり 

約1年4カ月ぶりの公式戦を白星で飾れなかった伊達公子=岐阜市の長良川テニスプラザで2017年5月3日午後3時20分、前本麻有撮影

 女子テニスの伊達公子(エステティックTBC)が3日、カンガルーカップ国際女子オープン(岐阜市)で、左膝の手術を経て約1年4カ月ぶりの公式戦に復帰した。主催者推薦枠で出場した伊達は、シングルス1回戦で世界ランキング136位の第3シード・朱琳(中国)に2-6、2-6、1時間7分でストレート負けした。

 滑り出しこそ良かったが、復帰戦を白星で飾ることはできなかった。第1セット第1ゲーム。ストレートで相手の体勢を崩して、ボレーでいきなりブレークを奪った。だが膝にテーピングが巻かれた左脚は、明らかに右脚より細かった。右利きの伊達にとって、バックハンドでは軸となる足だ。23歳の朱が放つバ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サクラの名所・中国の武漢大、警備員が花見の「和服」学生に暴行 ネットで炎上、批判が殺到
  2. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  3. ORICON NEWS がん手術の堀ちえみ、無事退院を報告し感謝 今後は経過観察で定期的に通院
  4. 特集ワイド チケット「転売ヤー」 業界困惑 ネット普及で買い占め容易に
  5. 「亡き友よ 次は甲子園の優勝メダル届けるよ」筑陽学園・西舘投手

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです