メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北陸・ものがたり散歩

/6 砺波・小牧ダム「山の魂」 流木争議通し社会風刺 /北陸

 県西部を縦断する清流・庄川。かつて、この川の流れを利用して上流から木材を運ぶ「流送夫(りゅうそうふ)」と呼ばれる職人がいた。1930年に完成した小牧ダム(砺波市庄川町小牧)建設を巡り、流送夫や木材関係者と、電力会社が長年裁判で争った「庄川流木争議」を題材にしたのが三島由紀夫(1925~70)の短編小説「山の魂」(55年)だ。

 庄川では、江戸時代から、上流部の五箇山や岐阜県飛騨地方で伐採された木材を、流送夫が激流と戦いながら…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プーチン大統領がまた遅刻 日露首脳会談
  2. 大坂が4強 伊達以来、日本勢25年ぶり 全豪テニス
  3. 小室圭さんが謝罪コメント発表 母の金銭トラブルで経緯説明
  4. 三重県内で新たに4人のはしか感染を確認 宗教団体、HPで謝罪
  5. 松本人志さん「お得意のからだを使って」発言 批判に開き直る? 局の姿勢に疑問の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです