メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北陸・ものがたり散歩

/6 砺波・小牧ダム「山の魂」 流木争議通し社会風刺 /北陸

 県西部を縦断する清流・庄川。かつて、この川の流れを利用して上流から木材を運ぶ「流送夫(りゅうそうふ)」と呼ばれる職人がいた。1930年に完成した小牧ダム(砺波市庄川町小牧)建設を巡り、流送夫や木材関係者と、電力会社が長年裁判で争った「庄川流木争議」を題材にしたのが三島由紀夫(1925~70)の短編小説「山の魂」(55年)だ。

 庄川では、江戸時代から、上流部の五箇山や岐阜県飛騨地方で伐採された木材を、流送夫が激流と戦いながら…

この記事は有料記事です。

残り1231文字(全文1445文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 仙台・警官刺殺 死亡の男は21歳大学生
  2. 過保護のカホコ テーマは「愛と夢の両立」? カホコ&初の結婚生活は… SPドラマ今夜放送
  3. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  4. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  5. プレイステーション 復刻版「プレイステーション クラシック」発売 12月3日に9980円で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです