メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憲法70年

点検・国民投票制/3 公務員へ圧力強化も 「20年施行」民進に動揺

 国会が憲法改正案を発議した後に行われる国民投票で、労働組合による運動を規制すべきかどうか。2014年の国民投票法改正時に与野党が結論を先送りした課題が、安倍晋三首相の「20年に新憲法施行」発言をきっかけに、論点として浮上してきた。

 憲法は第15条2項で「すべて公務員は、全体の奉仕者であって、一部の奉仕者ではない」と定め、公務員に政治的中立を求めている。憲法に反しないように公務員の国民投票運動をどこまで認めるかが、国民投票法の制定過程で議論になった。

 07年の同法制定時には、この問題を「宿題」として積み残したが、14年に成立した改正国民投票法は、改…

この記事は有料記事です。

残り985文字(全文1262文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 毎日世論調査 アメフット、日大説明「納得できる」1% 
  2. 自民・萩生田氏 「男が育児、子供に迷惑」 持論を展開
  3. モリカケ問題 政府答弁は論点のすり替え? ネットで話題「ご飯論法」
  4. 毎日世論調査 加計問題、首相説明「信用できない」70%
  5. 森友 音声データに残る発言 交渉記録からなぜ欠落

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]