メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

伝えたい

那須雪崩事故/11止 教訓後世へ 長野の教諭・西牧岳哉さん(52) /栃木

栃木の事故について話し合う西牧さん(右端)ら28年前の雪崩事故の裁判を支援したメンバーら=長野県松本市で

親友の死、生かされず 登山専門部一任、再考を

 28年前の3月、長野県白馬村のスキー場近くで、親友だった高校教諭の酒井耕(こう)君(当時24歳)が雪崩に巻き込まれ、亡くなりました。私は事故の原因究明が不可欠だと感じ、何度も現場に足を運び、検証活動を支援してきました。

 事故の再発防止を願ってきましたが、今回の栃木と長野の事故はあまりにも類似点が多い。教訓が生かされず、怒りが込み上げました。「またか」と。

 栃木も長野も、行政側が主催した講習会や研修会中に事故が起きましたが、類似点はいくつもあります。天候…

この記事は有料記事です。

残り983文字(全文1234文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  2. 自民総裁選 「45%」割れる解釈 麻生氏「どこが善戦」
  3. 奄美大島 ノネコ捕獲で論争 クロウサギ捕食で
  4. 唐沢寿明 “充電旅”再び! 出川哲朗と軽井沢へ きょう放送
  5. ORICON NEWS ぼくりり、来年1月で活動終了へ「偶像に支配されちゃうことに耐えられない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです