メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

伝えたい

那須雪崩事故/11止 教訓後世へ 長野の教諭・西牧岳哉さん(52) /栃木

栃木の事故について話し合う西牧さん(右端)ら28年前の雪崩事故の裁判を支援したメンバーら=長野県松本市で

親友の死、生かされず 登山専門部一任、再考を

 28年前の3月、長野県白馬村のスキー場近くで、親友だった高校教諭の酒井耕(こう)君(当時24歳)が雪崩に巻き込まれ、亡くなりました。私は事故の原因究明が不可欠だと感じ、何度も現場に足を運び、検証活動を支援してきました。

 事故の再発防止を願ってきましたが、今回の栃木と長野の事故はあまりにも類似点が多い。教訓が生かされず、怒りが込み上げました。「またか」と。

 栃木も長野も、行政側が主催した講習会や研修会中に事故が起きましたが、類似点はいくつもあります。天候…

この記事は有料記事です。

残り983文字(全文1234文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. NGT48暴行問題 山口さん反論にAKS、弁明に追われ 第三者委報告受け会見
  2. タイで覚醒剤300万人使用か 押収量過去最高、日本にも流出
  3. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  4. 高松商・香川が今大会初完封 春日部共栄降す
  5. リゼロ テレビアニメ第2期の制作決定 ティザービジュアルにスバルとエミリア

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです