メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北陸・ものがたり散歩

/8水上勉「霧と影」「波影」 /北陸

 「雁の寺」や「海の牙」、「霧と影」などの作品で知られる直木賞作家、水上勉(1919~2004年)は福井県おおい町出身だ。同町を含む若狭地方には、水上が作品の着想を得た場所や物語の舞台など、ゆかりの場所が数多くある。偉大な作家の世界に触れようと若狭路を西から東へ車を走らせた。

 まず向かったのは、若狭地方の西端、福井県高浜町にある県名勝「音海断崖」。根元に関西電力高浜原発が立つ半島の先端部、音海にある日本海側のリアス式海岸を代表する断崖絶壁で、漁船をチャーターして巡る絶景の穴場スポットだ。

 ここは、水上が出世作の一つで直木賞候補にもなった「霧と影」を着想した場所だということはあまり知られ…

この記事は有料記事です。

残り1092文字(全文1388文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 山梨 ミッキー、甲府に登場「開府500年」100日前
  3. あの人に会った 関西ジャニーズJr. 西畑大吾さん
  4. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  5. 高校ラグビー 札幌山の手、花園切符一番乗り 南北海道

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです