メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

森和彦・古代史の現場を撮る

/66 黒塚古墳/4 現地説明会に2万7000人 /奈良

細心の注意を払って銅鏡が取り上げられていく=奈良県天理市柳本町の黒塚古墳で1998年1月19日、森和彦さん撮影

 1998年1月。三角縁神獣鏡が大量に出土した天理市柳本町の黒塚古墳は、異様な雰囲気に包まれていた。現地説明会は17、18両日の開催だというのに、9日の記者発表の翌朝から、古墳に隣接した公園には考古学ファンや地元の人たちが次から次に集まり、大騒ぎになっていた。

 17日の現地説明会。古代史写真家の故森和彦さんは、開始1時間半前の午前8時20分ごろに着いた。「驚いた事にもう公園の入り口まで人が並んでいた」。霧の中、説明会は午前10時の開始予定を大幅に早め、同8時半にスタート。石室を見られるのはわずか数分だけだった。午後には見学希望者の列が約1・5キロの長さに達し、最高で4時間待ちに。ナイターの準備が進められ、最後尾の人が見学し終わったのは午後6時半。この日だけで2万人以上が訪れたという。現地で販売された絵はがきセットの写真は、森さんが撮影したものだった。

 翌18日。森さんが現地に向かっていると、大雨になった。「黒塚に着いて、中止するのは不可能と分かった…

この記事は有料記事です。

残り642文字(全文1072文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  3. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  4. 仙台・警官刺殺 死亡の男は21歳大学生
  5. 仙台・警官刺殺 刃渡りは20cm 「現金拾った」と訪問

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです