メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

仏大統領にマクロン氏

ダビッド・クーロン南山大教授=本人提供

 「親・欧州連合(EU)」か「自国第一主義」かが問われた7日の仏大統領選決選投票。親EUの中道、マクロン前経済相(39)が反EUの極右候補、ルペン氏(48)を降し、英国のEU離脱決定(昨年6月)に続いてEUに「ノン」が突き付けられる事態は避けられた。だが、既成政党に属さない候補の勝利は従来型政治への警告だ。

この記事は有料記事です。

残り4389文字(全文4543文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 定食「やよい軒」、一部店舗でおかわり有料化 客から「不公平感」に意見
  2. ORICON NEWS 鈴木伸之、初始球式で122キロの快速球&腹筋チラリ メンディーの133キロは「あらためてスゴい」
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?
  5. 池袋暴走 ハンドルほぼ操作せず 87歳男性パニックか

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです