メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 ロンドンでは1980年代、厩務(きゅうむ)員のボクシング大会が毎年行われていたらしい。それをほうふつさせる試合が先月、英国競馬の拠点・ニューマーケットのナイトクラブ(ディスコ)にリングが組まれて開催された。

 15試合が開催されたが、最も注目を集めたのはウィリアム・カーソンとサイモン・ピアースの戦いだった。2人は騎手で、体を鍛えるためにジムに通っている。ある日、サイモンはジムのオーナー(元騎手)に公共の場で戦ってみたいかと尋ねられた。それで思いついたのがチャリティーボクシングで、同僚のウィリアムに声をかけると、二つ返事でOKしたという。

 彼らの同僚フレディ・ティリキ騎手は昨秋、レース中に4頭が衝突した落馬事故で、下半身にまひが残った。…

この記事は有料記事です。

残り496文字(全文817文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS キムタク、“オフ”の長澤まさみの姿を暴露 本人赤面「天気が良かったから」
  2. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  3. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
  4. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念
  5. 盗撮 法の不備あらわ 被害者、流出おびえ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです