メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旅の空から・たてがみなびかせ

フェイクニュース号=芦谷有香

 ロンドンでは1980年代、厩務(きゅうむ)員のボクシング大会が毎年行われていたらしい。それをほうふつさせる試合が先月、英国競馬の拠点・ニューマーケットのナイトクラブ(ディスコ)にリングが組まれて開催された。

 15試合が開催されたが、最も注目を集めたのはウィリアム・カーソンとサイモン・ピアースの戦いだった。2人は騎手で、体を鍛えるためにジムに通っている。ある日、サイモンはジムのオーナー(元騎手)に公共の場で戦ってみたいかと尋ねられた。それで思いついたのがチャリティーボクシングで、同僚のウィリアムに声をかけると、二つ返事でOKしたという。

 彼らの同僚フレディ・ティリキ騎手は昨秋、レース中に4頭が衝突した落馬事故で、下半身にまひが残った。…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  2. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 「4回転半は試合で飛ばないと意味ない」羽生結弦の一問一答(下)
  5. ルポ女子少年院 居場所を探して覚醒剤に手を出した少女

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです