メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

瑞風が走る

山陰の期待/5 松江・明々庵と三英堂 新しい茶菓子考案 不昧公の精神感じて /島根

三英堂本店の店内。左は2代目社長の岡栄二郎会長=松江市寺町で、根岸愛実撮影

 豪華寝台列車「トワイライトエクスプレス瑞風(みずかぜ)」の乗客が松江で訪れるのは、「明々庵(めいめいあん)」。大名茶人として知られる松江藩松平家7代藩主、松平治郷(はるさと)(不昧公(ふまいこう)、1751~1818年)ゆかりの茶室だ。松江市寺町の和菓子店「三英堂」は茶室で出す特製の茶菓子「瑞宝(ずいほう)」を提供する。

 明々庵は不昧公が1779年に現在の松江市殿町の家老屋敷に建て、東京に移るなどして1966(昭和41…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米子東の選手がベンチ入りせず
  2. 企業の「英国離れ」加速 EU離脱控え、リセッション陥る可能性
  3. 副町長が車庫入れで頭ぶつけ死亡 福井・若狭
  4. 英国 2度目の国民投票求め、数十万人デモ
  5. ジャカルタ、初の都市高速鉄道が開業 一部が地下鉄 日本が全面支援

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです