メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

瑞風が走る

山陰の期待/5 松江・明々庵と三英堂 新しい茶菓子考案 不昧公の精神感じて /島根

三英堂本店の店内。左は2代目社長の岡栄二郎会長=松江市寺町で、根岸愛実撮影

 豪華寝台列車「トワイライトエクスプレス瑞風(みずかぜ)」の乗客が松江で訪れるのは、「明々庵(めいめいあん)」。大名茶人として知られる松江藩松平家7代藩主、松平治郷(はるさと)(不昧公(ふまいこう)、1751~1818年)ゆかりの茶室だ。松江市寺町の和菓子店「三英堂」は茶室で出す特製の茶菓子「瑞宝(ずいほう)」を提供する。

 明々庵は不昧公が1779年に現在の松江市殿町の家老屋敷に建て、東京に移るなどして1966(昭和41…

この記事は有料記事です。

残り699文字(全文911文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  2. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  3. 大阪・寝屋川の中1殺害 「娘は優しい子」被害者母が証言 公判
  4. 韓国 慰安婦財団の解散発表 事業終了を決定
  5. 寝屋川中1殺害 「2人に声かけなければ」遺族に被告謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです