メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外辺野古土砂投入、政府が強行
近影遠影

高橋一清・あの日あの人/99 暉峻康隆 世の中との係わり学ぶ /島根

 文藝を生涯の仕事と意識し始めた高校生のころ、読んでいたのは月刊誌の「文學界」と「国文学」だった。この両誌が、私の将来に係るものとなった。「文學界」は後に編集に携わり、今日も続く作家、評論家との交わりは、作品を誌上に掲げたことに始まっている。

 一方、「国文学」では恩師の暉峻(てるおか)康隆さんとの出会いがあった。毎号の目次に近世文学の編集顧問として名前があり、ときおり目にする文章は、含蓄があり、説得力があった。私はこの方に心の内を打ち明けてみたいと思った。小説を書くか、扱う編集の仕事をしたい、早稲田大学文学部国文学専修を志望している、と手紙に認(したた)め、書いた小説が載る文芸部誌を添え、編集部気付で差し出したのだった。

 半月後、はがきが届いた。「小説を書くのなら、世の中のことを知る学部を進むのがいいでしょう」と書いて…

この記事は有料記事です。

残り909文字(全文1273文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ペイペイ、「100億円あげちゃうキャンペーン」を13日で終了
  2. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  3. 客や取引先から過剰なクレーム…広がる「カスタマーハラスメント」
  4. サクラエビ取れない 戦後初の漁中止
  5. 女の気持ち 母との時間 千葉県館山市・鈴木真由美(パート・52歳)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです